ミカルディスが持つ作用をまとめました

血圧を下げる降圧剤として有名なお薬にミカルディスがあります。薬を服用する時、効果だけでなくどのように作用するのかが気になります。
そもそも血圧はどうしてあがるのでしょうか。私たちの体には、レニン-アンジオテンシン-アルドスロン系(RAA系)という血圧を調整するためにの仕組みがあります。
RAA系の名前にあるように、レニン・アンジオテンシンII・アルドスロンは血圧上昇に大きな影響を与えます。まず血圧が下がると、腎臓からレニンが分泌されます。
そのレニンは、肝臓などから分泌されるアンジオテンシノーゲンを一部分解し、アンジオテンシンⅠに変換します。
アンジオテンシンⅠは、肺の毛細血管内皮細胞にあるアンジオテンシン変換酵素(ACE)によってアンジオテンシンⅡに変換されます。
アンジオテンシンⅡは副腎髄質のアンジオテンシンⅡ 受容体に作用し、アドレナリンを放出します。アドレナリンが放出されると、血管が収縮して血圧が上がるのです。
このRAA系という仕組みから、アンジオテンシンIIが血圧上昇に大きく関わる物質であることがよく理解できます。
ミカルディスは、このアンジオテンシンIIがアンジオテンシンII受容体と結合するのを阻害することにより血圧を下げることができます。ミカルディスの特徴の一つに、心臓や腎臓を保護してくれる臓器保護作用があります。
高血圧は心不全を引き起こすリスクになるため、ミカルディスの降圧作用が心臓保護につながります。またアンジオテンシンⅡは、心臓の筋肉の線維化を促進し心臓の力を弱める原因となります。
そのため、アンジオテンシンIIの働きを阻害するミカルディスはこの点からも心臓保護に有効です。
またお薬は腎臓で排泄されるものと、肝臓で排泄されるものに大きく分けられますが、ミカルディスは肝臓から胆汁中に排泄されます。つまりミカルディスには、腎臓の機能が弱っている人にも使いやすいという特徴もあります。
ミカルディスには、降圧や臓器保護だけではなく血糖値改善という効果も認められています。血糖とは血液中のブドウ糖のことで、食事をすることで血糖の量が増え血糖値は上がります。
血糖が一定の値を超える高血糖の状態が続くといわゆる糖尿病となります。そして高血糖状態が長期間続くと、全身の血管がダメージを受け続け、様々な合併症を引き起こす原因になります。
細い血管がダメージを受けると、網膜症や腎症が起こったり、末梢神経にも影響を及ぼし足の壊疽(えそ)などの原因にもなります。
またより太い血管でも、ダメージを受けた血管の壁が硬くなることで血管内が細くなったり、つまってしまうといった動脈硬化の原因となります。そのため、高血糖の人にとって血糖値改善は非常に重要なのです。
そこで、この血糖値を適正値にコントロールするのに必要なのが、インスリンです。インスリンは、すい臓から出分泌される体内ホルモンの一つで、血糖値を下げる働きをするほぼ唯一のホルモンです。
食事によって血糖が全身の臓器にとどくと、インスリンの働きで臓器は血糖を吸収しエネルギーとして利用したり蓄えたり、タンパク質の合成や細胞の増殖を促したりします。
インスリンのおかげで、食後に増加した血糖は一定量に保たれているのです。ミカルディスには、PPARγを活性化することでインスリン抵抗性を改善し血糖値を改善することができます。
このPPARγとは脂肪細胞の細胞核の中にあり、PPARγが活性化されるとアディポネクチンという物質が脂肪組織から分泌されます。このアディポネクチンには、インスリンの感受性を高める働きがあります。
高血圧と糖尿病はともに心筋梗塞などの心疾患や脳梗塞を引き起こす要因となります。また高血圧は糖尿病性腎症を進展させる要因としても重要な要因です。
糖尿病患者にとって高血圧の治療を十分に行うことは必要であり、ミカルディスはこれら両疾患に有効である。