ノルバスクのお薬情報

高血圧症は、治療をしないでいると、動脈硬化を引き起し、心筋梗塞や脳卒中などといった一命にかかわる重篤な病気につながる危険性があります。
もともと、日本人の食生活が塩分の多い食べ物を好んで食べていたことも、日本人に高血圧症が多い原因の一つと言われております。
さらに、昨今はストレスが高い社会となり、また、運動不足が目立ってきた側面もあって、日本人の高血圧症患者は増加の一途をたどっております。
食生活や適度の運動、ストレスの発散など、生活習慣の見直しが必要です。
それに加えて、今では、効果の優れた治療薬も開発されています。
ノルバスクは、世界的にも名を知られた薬です。
ノルバスクの働きとしては、心臓や身体の血管を拡張させて、血の流れを向上させる効果があるのです。
また、副作用がほとんどないという安全性の高さもあって、高血圧治療においては、まず最初に選択される薬となっているのです。
ノルバスクは、カルシウム拮抗薬というカテゴリーに属する医薬品です。
高血圧ばかりでなく、狭心症に対しても有効に作用しています。
服用を始めてから降圧効果が出てくるまでには、比較的、時間がかかります。
ですから、即効性が求められる場合は不向きかもしれませんが、それだけに、安心して服用できる治療薬なのです。
また、ノルバスクの半減期は約35時間ほどですので、1日に1錠を服用すれば、それで済みます。
何回かに分けて飲まなければならないとなると、手間もかかりますし、患者の服用管理が煩雑になってきます。
ノルバスクですと、たとえば、朝食後、あるいは夕食後に飲む、と決めておけば、習慣化すれば問題はありません。
このように秀逸な治療薬であるノルバスクは、世界各地で高血圧症を改善しております。

ノルバスクの効果と副作用は?

ノルバスクはアムロジピンを有効成分にした降圧剤のひとつで、高血圧や狭心症の治療に使用されます。
カルシウム拮抗薬に分類され、細胞内にカルシウムが流入するのを防ぐことで、血管平滑筋の収縮を抑え、血流量を増加させて血圧を下げる効果があります。
高血圧は自覚症状がないことが多く、健康診断によって発覚することがほとんどです。
心筋梗塞や脳卒中の原因となり、放置すると動脈硬化になって命の危険にもさらされるので、早めの対処が必要となります。
ノルバスクは血糖、尿酸、脂質に影響がなく比較的安全に使用できることから、高血圧の治療では第一選択となっています。
服用すると6時間ほどで血中濃度はピークに達し、その後は緩やかに効果が持続することから副作用が少ないとされます。
血中半減期が36時間と長く作用することから、1日1回の服用で効果が期待出来るため、飲み忘れも少なく管理しやすい点が特徴となっています。
また、これまでの降圧剤は短い時間でしか効果が現れなかったため、朝の血圧の変化に対応できませんでしたが、ノルバスクは1日以上の効果が見込めるので、日中でも問題なく生活できるようになります。
血液の巡りが良くなることから、頭痛やめまいなどの副作用が現れますが、使用を続けていくと体が慣れていきます。
血圧を低下させるためには長期的な服用が必要なため、むくみや歯肉の腫れといった副作用が現れることがあります。
血液から水分がにじみ出ることでむくみが起こるので、軽くマッサージやストレッチをするほか、歯肉の腫れは歯を覆うほど大きく腫れることもあるので、適度にブラッシングするようにしましょう。
肝臓から代謝されるため長期服用による肝機能障害、鼻血や歯肉出血などの出血障害も出る可能性があります。
これらは滅多に現れるものではありませんが、体に異常を感じたら医師に相談するようにしましょう。

ノルバスクのご購入は通販がお得

ノルバスクはカルシウム拮抗薬に分類される降圧剤のひとつで、高血圧や狭心症の治療に使用されます。
血中濃度半減期が長く効果が持続することから、1日1回の服用で十分とされ、飲み忘れが減ることや副作用の少なさからも、この種類では第一選択になる治療薬です。
飲む回数が少なくなるということは、薬価が安くなるということでもあり、経済的な負担も減るので、医師側だけでなく患者側からも非常に助かる薬であることは間違いありません。
病院で処方してもらう場合、血液検査やレントゲンなどの長い時間をかけて診察し、高血圧と判断された場合に限り購入ができるようになります。
1ヶ月分の処方をしてもらうと、ノルバスクのみでも2,000~3,000円、そこに初診料やレントゲン、血液検査の料金が含まれると8,000~10,000円は必要になります。
ノルバスクは2.5mg、5mg、10mgと用意されていますが、容量による価格に大きな違いはなく、相場が変わることはありません。
血圧をコントロールするため容量を適宜増減するため、こちらで変更することも不可能です。
病院による処方は医師の診察があるので、確かに安心ですが様々な検査をして費用が大きくなるので、負担がかかる場合は通販で購入することも可能です。
ネット通販による個人輸入では、1箱30錠入りで約1ヶ月分となり、容量によって違いはありますが、およそ2,800円ほどで購入できます。
処方箋や検査なども必要ないので、支払う金額は実質、薬代だけとなり非常に安価な購入となります。
また、自宅に荷物が届くことから、何度も病院に行く手間が省け、交通費なども不要となることから長期的に使用する場合は、かなりお得な方法と言えます。